ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 健康増進課 > 災害後の心と体の変化について

災害後の心と体の変化について

印刷用ページを表示する掲載日:2019年10月18日更新

被災されたみなさまへ???

 災害に遭われた皆さんへ心よりお見舞い申しあげます。

 

今回の水害など大災害にあった後には、心と体にいろいろな変化がおこります。

しかし、ほとんどの変化は時間とともに元の状態に回復していきます。

今は無理をしないで、自分に優しくしてあげてください。

 体や心におこりやすい変化         

  • 眠りにくい、眠れない
  • 疲れがとれない。じっとしているのに胸がどきどきする。
  • 暑くもないのに急に汗が出る。
  • 物事に集中できずいらいらすることがある。
  • 自分がとても無力に感じることがある。

 少しでも今の状態を乗り越えるために

  • 困っていることを、家族や友達と素直に話し合いましょう。安心できる人と一緒に時間を過ごすことがとても大切なことです。
  • 睡眠と休息をできるだけ十分にとりましょう。
  • 軽い運動をしてみましょう。
  • あんまりがんばり過ぎないようにしましょう。

次のようなときは、早めに専門家(医師?保健師?看護師等)に相談しましょう 

  • 心身の苦痛がつらすぎる、あるいは長すぎると感じたとき
  • お酒の量が増えて、飲まずにはいられないと感じるようになったとき
  • さみしくてたまらないのに、自分の気持ちを素直に話せる相手がいないとき
  • 家族や友人の心や体の変化のことで、心配なことがあるとき

相談窓口

健康増進課

  • 電話
    0284-22-4513

久久香蕉国产线看观看精品