ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 健康増進課 > 新生児聴覚検査費用助成が始まります!

新生児聴覚検査費用助成が始まります!

印刷用ページを表示する掲載日:2020年3月31日更新

 新生児聴覚検査の費用助成のお知らせ

新生児聴覚検査は、新生児の聴覚障害を早期に発見し、適切なケアを行うことにより、ことばの発達等への影響を最小限にすることを目的にしています。

助成の対象者

検査日において足利市に住民登録のある、令和2年4月1日以降に出産し、生後60日以内に新生児聴覚検査を行った赤ちゃんの保護者(原則産婦)。

対象となる検査

自動聴性脳幹反応検査(自動ABR)または耳音響放射検査(OAE)により実施する聴覚検査で、次にあてはまるものとします。

  1. 新生児に出生後初めて実施する聴覚検査(初回検査)
  2. 初回検査の結果、要再検査となった場合に実施する確認検査

助成額

 初回検査、確認検査を合わせて、新生児1人につき、5,000円を上限に助成します。

  • 5,000円を超えた額は自己負担となります。
  • 令和2年4月1日以前に出産されている、転出している等対象とならない場合もありますのでご了承ください。

助成方法

受診票は妊娠届出時に母子健康手帳とあわせて発行します。すでに妊娠届出が済んでいて、出産予定日が令和2年4月1日以降の方には健康増進課から新生児聴覚検査受診票をお送りいたします。

  • 転入された方など、受診票がお手元にない方は健康増進課へお問い合わせください。
  • 足利市の受診票が使用できない医療機関(県外等)で新生児聴覚検査を受けた場合、償還払い(払い戻し)での助成となります。申請用紙はこちらからダウンロードできます→足利市新生児聴覚検査費用助成申請書 [PDFファイル/100KB]。申請方法等詳しくは健康増進課へお問い合わせください。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


久久香蕉国产线看观看精品