ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 健康増進課 > 山火事の煙の被害から健康を守ろう

山火事の煙の被害から健康を守ろう

印刷用ページを表示する掲載日:2021年2月26日更新

山火事の煙により、のどのイガイガやせき、頭痛などの症状を引き起こす可能性があります。

それらを予防するために、以下のことに気を付けましょう。

のどを守る(マスクの着用とうがい)

 煙を吸い込まないよう、マスクで鼻と口をしっかりとおおいましょう。不織布マスクと布マスクを併用する二重マスクは密着度が増すのでおすすめです。また、こまめにうがいをしましょう。

目を守る(目薬やゴーグルの使用)

 目の不快感等がある場合には、流水や目薬で洗い流すか、花粉症用のゴーグルを使用するなどして目を守りましょう。

症状があれば病院へ

 喘息などの呼吸器疾患、心疾患のある人は、煙が症状を悪化させることがあります。息切れ、脈が速い、胸の痛み、呼吸の苦しい感じ、「ぜーぜーする」などの症状があれば、早めにかかりつけ医を受診しましょう。

 

山火事の煙の被害から健康を守るために(チラシ) [PDFファイル/210KB]

 

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


久久香蕉国产线看观看精品