ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 市長の部屋

ごあいさつ

足利市長 和泉 聡

  足利市は、北部を足尾山地の緑に囲まれ、南部は関東平野が広がり、中央部に渡良瀬川の美しい流れがある風光明媚なまちです。

  日本最古の学校といわれる日本遺産「史跡足利学校」のほか、本堂が国宝に指定された足利氏ゆかりの「鑁阿寺(ばんなじ)」など、歴史と文化の香りに満ちた素晴らしいまちです。

  私は足利市を「元気で輝くまち」にするため、常に、まちをよくしていこうという強い気持ちと新たなことにチャレンジしていく姿勢で取り組んできました。

  県内35年ぶりとなるJR新駅の開業、あがた駅南産業団地への先進的企業の誘致、公設市場の民営化、旧日赤病院の足利大学本城キャンパスへのリノベーション、子ども屋内遊び場キッズピアや人工芝サッカー場あしスタの開設など、市民の皆さんと力を合わせて、コツコツと粘り強く積み上げてきた結果が、少しずつ形となり、着実にまちが動いていると実感しています。

  このよい流れをさらに加速させるため、次の新たな産業団地の開発にも取り組み、まちづくりの土台となる雇用の場の拡大に努めていきます。また、JR足利駅構内に開設した足利市移住?定住相談センターAidacco(あいだっこ)をまちなか活性化のための活動拠点として、観光振興に加え若い世代の移住?定住政策にも力を入れていきます。

  まちの未来に思いを馳せるとき、そこには、次の時代を担う子どもたちの元気な声が欠かせません。そのためには、安心して子どもを産み育てる環境づくりと日本最古の学校のあるまちにふさわしい教育環境づくりが必要です。子育て世代の不安や負担を軽減するための施策や学校教育設備の整備など、若い世代が輝き、希望のあるまちにするための「未来のタネ」もまき続けていきます。

  どんな施策にも通ずるもの、それは「足利をもっと元気にしたい」という人の思いです。それには、私たち自身が、まちへの関心と愛着を持つことが大切です。

  全世界で新型コロナウイルスとの闘いも続いていますが、私はどんな困難にあっても市民と手をたずさえて立ち向かい、先人が築いた歴史、文化そして伝統を礎に次の100年先を見据えた新しい時代の足利市を築くため、これからも全身全霊で取り組んでいきます。

  足利市長 和泉 聡


久久香蕉国产线看观看精品